読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱられるワールド

なかま ゆき(え)Officialブログ

ブログ2ヶ月目の私が語る「ブログ始めてよかった」

 

 

あぁ~、ブログ始めて良かった。

なかま ゆき(え)です。

 

私がブログを始めたのはたった2か月前。ブログを始める前はキッカケみたいなのを無理やり探していたのですが、友人に「キッカケがないと始めたらいけないの?」といわれて秒で(実際は一週間後)ブログを開設しました。ありがとうハマナ(@hamatyo8

 

そしてぼちぼち書いてるわけですが、たった2か月でもこんなにメリットを見つけることができました。ブログ始めてよかった。

 

 

・自分の考えを言葉にする癖がつく

「伝えたいことがあったはずなのに、いざ言葉にしてみたら全然うまく言えない!」みたいな経験ありませんか?私は10回に8回くらいはその状況でしたね~。でもブログを始めてからは常に自分の考えが人に伝わるように頭の中でまとめる癖ができてきたので、自分の中でも意味の通った考えを持つことができるようになってきました!

物事に対する感想や意見って、普段何となく考えているだけではどうしても曖昧になってしまいますよね。人間だし。でもブログにその感想や意見を書こうとすると、強制的に考えを言葉にしてまとめなければいけなくなります。この作業によって鍛えられる。わたしもだんだんとその作業ができるようになってきました。成長~!

 f:id:nakamayuki:20170525230202j:plain

 

 

・タイピングが早くなる

私機械音痴なんです。パソコンも大っ嫌いでした。そんな私が大学や仕事でパソコンを使うようになって悩んだのはタイピングの遅さ。打ち方変だね、とか人差し指ばっか使ってるじゃんとかよく言われてました(笑)でも最近は我ながらきれいに早く打てるようになってきたと思います(?)うふふ。さらに、ブログを書くとなると、頭の中に文章が浮かんでくるスピードと同じくらいのスピードでタイピングしたくなるので指と頭が今までにないくらいフル回転です。鍛えられる~!

 

 

・情報発信について考える

ある程度の発信力をつけたければ、ただの感想文や日記みたいな書き方じゃダメなんだってつくづく思わされます。見る人は何か情報を求めているはず。どのタイミングで必要とされている情報を盛り込むか、情報の質など、ブログを書くって何かと考えないといけないことが多いですね~。でも読む人の気持ちになって書くという作業の中にも勉強になることがたくさんあります。私ももっと必要とされるブログをかけるように頑張ろう!

 

 

・伝えるチカラ

ブログという自分のメディアを不特定多数の人に発信するのだから「伝える」ということが大事になってきますよね。たくさんの人に自分の書いていることを理解してほしいし、いいこと書いてても伝わらない文章だったら勿体無いですもん。どうしたら理解しやすい文章になるのか、思いが伝わる表現は何だろう、など常に考えさせられます。これはブログだけじゃなくて人とのコミュニケーションでも必要なものなので鍛えていても損はないでしょう!伝えるっていうのは人それぞれの価値観があるからなかなか簡単なものではないんですけどね~!

 

f:id:nakamayuki:20170525230415j:plain

  

 

・自分の思いをデータに残すことができる

上に書いている通りです。自分だけの日記に書くのもいいですけど、こうやって人に見られる意識で自分の考えを書くことで、より深堀りした自分の考えを残せているような気がします!ふとしたときに昔の記事なんか読み返したら面白そうですね(笑)

 

 

・物事を深く考え直すきっかけになる

なんてことない日常の中に意味を見出すことができます。今まで深く考えてなかったことも、いざ記事に書くとなるとそこに意味を見出さなければならなくなります。考えた挙句、何も思いつかないこともありますが(笑)でも何気ないことを自分なりにしっかり考えてみるという作業は結構面白いです!そこから新しい発見があったりしますしね。何より着眼点が人より優れてくるのではないでしょうか。常に話題性を探しているのがブロガーなのかな...

 

 

・ブログ始めてよかった

私がブログを初めて2か月で発見したメリットです。あとひとつ言うと、メンタルも強くなりますよ。ぐふふふふ

 

ということで、これからもっと勉強してたくさん書いていきたいと思います!

 

以上、わたしでした!

暇な今日をクリエイティブに生きよう!

 

こんにちは。なかま ゆき(え)です。

 

 

 ・暇人に捧ぐ

皆さん、忙しいですか?

え、暇を持て余している?暇なの?

 

暇すぎて暇すぎてどうしようもないという方は私の言うとおりに動いてください。それでは始めます。

 

*皆さんのイメージ力を信じて画像は使いません。

 

暇人を募りましょう

あなたの仲良しさんもきっと暇してますよ。お友達を捕まえてください。今から面白いコトするので。人数は3~4人で十分です。

 

*今回は例として4人集まったとします。

 

スーパーに行く

簡単ですね。文字通りスーパーに行きましょう。持ち物は財布だけでいいです。ほら歩いて。

 

もう着きましたか?

 

今から何を食べたいか決める

お腹すきましたね~。何食べたいですか?ハンバーグ?オムライス?お好み焼き?

 

何でもいいので決めてください。

決まりましたね?

 

*今回は例として餃子を作ることにしましょう。

 

食材探しの旅に出る

それではここからが本番です。最終目標は4人で餃子を作ること。そのためにそれぞれが餃子を作るために必要な食材を買い集めてきてください。

 

でも誰が何を買うかは決めません。

Aちゃんならきっとニラを買うはず。Bちゃんは餃子の皮を買うはず。Cちゃんが挽き肉買いそうだから、私は......。みたいな感じで予想しながらお買い物をしてください。あなたの予想が外れると、餃子に必要不可欠なものを買いそびれて何も作れなくなってしまう可能性もあります。駆け引きです。

 

思う存分食材集めを楽しんだら各自でお会計を済ませましょう。

 

何を買ったかお披露目会

家に帰ってきましたか?お疲れ様でした。

さあ、それでは誰が何を買ったのかをお披露目していきましょう。あゝ怖い。

 

お目当ての食材はそろいましたか?いひひひひひ

 

料理の時間です

タララッタタタタン タララッタタタタン♫

食材がそろった人は楽しくお料理をしましょう。

 

あら、残念。食材がそろわなかったのですね。どうしますか?メニュー変更なんてかっこ悪いことしないですよね?今ある食材でお目当てのものを作ってみる方が面白くないですか...?

 

 

・まとめ

今日は暇人に捧ぐあそびを紹介しました。特別面白いコトしなくたって、日常を少しいじってしまえば面白くなりますね~。クリエイティブに生きましょう!

 

面白そうと思ってくれた方は暇な時にやってみて下さい。めっちゃ盛り上がりますよ!!!

 

 

 日常に遊びを。なかま ゆき(え)でした。

【レポート】NPO法人ONEれいほくのインターン生になって1ヶ月が経ちました。

 

  

なかま ゆき(え)です。

 

f:id:nakamayuki:20170513133703j:plain

(撮影者:里本 裕規)

 

今日はONEれいほくでインターンを始めてから一か月たったのでレポートを書きたいと思います。私の思いをつらつら綴ります。

 

 

 

 

・環境が変わった

自己紹介記事などにもちらっと書きましたが、一ヵ月ちょっと前の私は先が見えないという不安と恐怖で自分の将来への一歩を踏み出せないでいました。そんなうじうじする私の背中を押してくれたのがONEれいほく代表 矢野大地さん(@123Vaal)と事務局長の林 利生太さん(@dxxb1212)。実はぎりぎりまでインターン生になることを決心することができなかったのですが、二人の中で進んでいくインターン生(私のこと)受け入れの話。そして私に回ってくる数々の連絡事項。「もうこれは断れない。決断の時だ!」そう思った私は、とにかく今は前だけを見て進んでいくことに決めました。これがインターン生 名嘉眞 由記(@NhaaClaa)のはじまり。

最初は言われるがまま、流れに身を任せていました。ONEれいほく内部の情報処理や事務所の片づけ、NPOの仕組み理解やONEれいほくの活動理念と実績の把握など。わからないことだらけで、とにかく何もわかりませんでした。そんなカオスな状況でも私はONEれいほくメンバーと一緒にいるだけで根拠のない安堵感を得ることができていました。居心地がよかったんですね。ご飯を食べながらおしゃべりしたり、真剣な会議をしたり、時にはボケてすべったり(笑) そうやって同じ時間を過ごしていく中で、私の中の「なりたい自分」が洗い出されていくような気がしました。というよりは、ONEれいほくメンバーと過ごす空間の中で「なりたい自分」を見つけることができた、と言った方が正しいかもしれません。

でも残念なことにONEれいほくインターン生として山の中で活動している時間は私の生活の非日常の部分。私はまだ大学生なので、そっちの方の日常を生きなければなりません。そんな日常で目にするのは就職活動を頑張っている周りの友達。そして一般企業への就職に一切惹かれない私。私はこの周りとのギャップが何よりもつらかったです。でもインターンを始めて受け入れてもらううちに、私にとってONEれいほくは自分が自分らしくいれる場所になっていきました。将来への不安や、周りとのギャップもあまり気にならなくなりました。そして自分の「やりたい」に素直に向き合うことができるようになってきました。“私”を引き出してくれる環境、その環境を作り出している人達。周りの環境や人が変わるとこんなにも自分が変わるのかと驚いています。私が今まで感じていた生きづらさみたいなものがだんだんと薄れてきました。それは自分が自分らしく生きることができる環境を見つけることができたから。大地さん、利生太さん、私の手を引っ張ってくれてありがとうございました。

 

f:id:nakamayuki:20170513133634j:plain

(大地さんと利生太さん。プレデタ―になりました。) 

 

 

・ものすごい出会いの数々

ONEれいほくのインターン生になって最初に出会ったのは里本 裕規さん(@satohiro67)。現在はONEれいほくの経理担当として働いていて、私もたくさんお世話になっています。私がインターン生になっていなかったら絶対に出会うことのなかった人。私が知らないお金の世界や、パソコンの世界をたくさん知っていていろんなことを教えてくれます。私も将来的に経営管理なんてのをやりたいと思っているので、里本さんのお仕事にはすごく興味があります(初めて言った)。出会えてよかった!!!

 f:id:nakamayuki:20170513153843j:plain

(里本さんのワークスタイル@汗見川)

 

その他にも、インターン生としてONEれいほくの活動について行くといろんな出会いがありました。なんとこの1ヵ月間で知り合った人の数は50人以上(参考資料:なかまゆきの記憶)。しかもみんな面白い方ばかり。起業家やブロガー、地域おこし協力隊の方もいれば大都会からの移住者の方とも知り合うことができました。もちろんだいちハウスやハヤシはうすに来る全国の若者たちにお会いする機会もありました。私は人としゃべるのが好きなので、単純にたくさんの人とお話をして私の知らないことを教えてもらえることがすごく楽しかったです。

f:id:nakamayuki:20170513133550j:plain

(ハヤシはうすで宴)

 

私のすごくお世話になった人が言ってました。「人が出会えば何かが起こる」って。本当にそうです。出会いの数だけ自分の興味も、可能性も広がっていきます。有り難いことですね。さらにONEれいほくを通して出会う人たちにはみんな共通点があります。それは「キラキラしてる」ってこと。自分の今ある現状から抜け出そうとしている人、夢を追いかけている人、人生に迷っている人、行動力の塊みたいな人、燃えるように熱い人、とにかくぶっ飛んでる人。本当に様々です。どうしてこんなにもいろんな人がこんな山奥に来るのか時々不思議に思います。でもたくさんの人たちがONEれいほくに関わるのを近くで見ていて何となく理由が分かりました。「出会う」ためです。山奥にいる人に出会うために来るんです。もちろん会っただけで何かが変わるなんてことはありませんが、出会いをきっかけにすることは誰にだってできます。私もたくさんのきっかけをこれからも掴んでいきたい!

 

 

・自分の考えを言葉にして伝えるということ

頭で考えていることはあっても、それを実際に口に出したり、人に伝えたりする機会ってなかなかないですよね。でもONEれいほくでは伝えるという能力が要求されます。簡単に思えるかもしれないですが実際やってみるとうまく伝わらないものですね(笑) もともとボキャ貧の私はブログの最初の記事だって10回以上書き直してるんですよ。それであのクオリティかよとか言わないでください。泣きます。

自分の中で閉じ込めていたアイディア。口にすることが恥ずかしかったけど「とにかく思いついたらなんでも言うといいよ」と利生太さんに教えてもらいました。まだ曖昧でカタチもないようなアイディアでも、不思議と口に出すことで具体性が出てきたり、もっと面白いアイディアが浮かんだり。伝えるってすごいな。皆さんも実践してみて下さい。

たくさんの人としゃべる機会が増えたからこそ、人に伝えるというスキルが重要になってきました。これは修行です。伝えるというスキルは、これから先も私が何かをやっていくうえで絶対に必要であり続けること。魅力を伝えたり考えを伝えたり、うまく伝えられることで共感者が増えていくしアドバイスをくれる人が現れたりするのかな~なんて考えさせられています。もっと自分の頭や心の内側を言葉にしてたくさんの人に伝えていきたいです。

 f:id:nakamayuki:20170513153958j:plain

(餃子マスターの大地さんに弟子入り)

 

f:id:nakamayuki:20170513120412j:plain

(アナゴさんと乾杯。ん~) 

 

 

 

・さいご

つらつらつらと書きすぎたのでレポートはこのへんで終わりたいと思います。この1ヵ月間における私の中の変化が大きすぎて、楽しく刺激的な毎日を過ごしています。何よりONEれいほくに関わる皆様が私は大好きです。出会って間もない、調子に乗るなといわれるかもしれませんが、私は皆さんのことを勝手に好きでいるのでこれからもよろしくお願いします。

 

 

インターン1ヶ月目を漢字一文字で表すと

【渦 うず

まるで渦の中に放り込まれたように、ものすごい勢いでぐるぐると揉まれた1ヶ月目でした。渦の中でグルグル回りながら新しい世界がたくさん見えました。私は実際に川の激流にある渦の中に放り込まれて生還した経験がありますが、それはそれは死ぬかと思いました。でも今になっては笑い話でいい経験になったなって思っています。思い返せばたった一瞬の出来事。まあ、そんな感じの1ヵ月でした。(分かりにくい)

 

*宣伝

「ゆき、お米のプロジェクト企画してみる~?」大地さんに笑顔で提案されたあの日。忘れもしないあの日。私は呆然と立ち尽くし、戸惑いを隠しきれない顔で「はい、やってみます」と返事をしました。インターンを始めて1か月もしないのについに来たか、って感じでした。実際計画してみると何から手をつければいいのか全くわからなくて、大地さんや利生太さんを始めとするいろんな人に助けてもらいました。私がずっとやりたかった「農業はスポ―ツだ」をコンセプトにした企画。そろそろ公開できるようにします。皆様の参加を心の奥底のそのまた奥の隅っこよりお待ちしております。

 

緒にどろんこになりましょう

(ボソッ)

 

 

  

 

ONEれいほくインターン生 名嘉眞 由記

 

 

私の予想をはるかに超えてきたので北海道旅行のレビュー書きました。

 

こんにちは。なかま ゆき(え)です。

 

実はGWに2泊3日で北海道に行ってきました。普段は旅行の思い出などにあまり浸らない私ですが、今回は北海道旅行のレビューを書いてみました。珍しく旅行を振り返っている理由は、北海道が私の予想を超えてきたからです...

 

わははは

 

 

・北海道は広すぎる

なんと、北海道には13個も空港があるらしいです。その中でも私は今回、新千歳空港に着陸させていただきました。ありがとうございました。(広い広い空港でとても短時間では周りきれませんでした。お土産を空港で買いたい方、空港が大好きな方は空港での滞在時間を長めにとるプランを立ててもいいかと思います)

想像をはるかに超える広さで私を待ち構えていた北海道。もちろん2泊3日で全部回るなんて無理!ということは、選んだ空港で旅行のすべてが決まります。私のように短い旅行なら尚更。北海道に行きたいだけなのに空港選びをするなんて、、、楽しすぎる。

今回は新千歳空港利用、宿泊は空港から高速で2時間ほどかかる札幌市のホテルを利用しました。

 

・北海道旅行の注意点

まずは北海道に行くなら最低限注意してほしい点を皆さんにお伝えします!ご参考までに~

 

1、レンタカーがおすすめ。(もちろん事前予約)

2、北海道は広い!焦らずポイントを決めて観光しましょう。

3、広いがゆえに移動距離も半端ないです。下調ベは怠らず。

4、熱いのか寒いのかよくわからないので万能な服を持っていきましょう。

5、美しい景色がたくさんあります。カメラがあれば楽しさ100倍!

6、食べたい物をリストアップ!お店までリサーチできたら完全制覇も夢じゃない。

7、あなたが行きたい人気店。もちろん全国のみんなが行きたい人気店です。一時間並ぶなんて当たり前。お目当てのお店でおいしいものが食べたければ事前に予約しましょう。

8、有料パーキングしか使うことができないホテルもあります。事前にホテルに確認するか、ホテル周辺に有料パーキングがたくさんあるところを選びましょう。

 

※実際に私が行って学んだことです。参考程度に。

 

・私の北海道おすすめスポット

〈藻岩山〉

夜景がきれいで有名な藻岩山。見てください、この絶景!!

f:id:nakamayuki:20170512224431j:plain

 

 

ロープウェイで山を登っていきます。高所恐怖症の私でも絶えることができるレベルなので大丈夫。

f:id:nakamayuki:20170512223113j:plain

 

私たちが藻岩山についたのが午後4時半ごろ。夜景を見るには早すぎる時間ですね。でもそこがポイントだったんです!最初にもいったように夜景で有名な藻岩山。

 

夜景で有名…

 

夜景で有名……

 

そうです。夜景目当てに来る人の数が半端じゃない!夜の賑わいが凄すぎました。夜景の写真を撮るや否や、走って下りのロープウェイに乗りに行く人も。ダラダラしてたら下りのロープウェイに乗るためのすごい行列ができるそうです。デートだったら少し萎えちゃいますよね~(未経験者は語る)

 

 

たまたまでしたが、少し早い時間から行って正解でした。夜景スポットである藻岩山の山頂ではトレイルランニングコースを散歩、美しい景色や沈む夕日をカメラに収める、フードコートで軽食など、夜になるまで時間を楽しく過ごすことができました。 

f:id:nakamayuki:20170512224510j:plain

 f:id:nakamayuki:20170512224547j:plain

 

 

〈札幌市場外市場〉

ついた瞬間「いらっしゃい、いらっしゃい~」という威勢のいい声。

f:id:nakamayuki:20170512224737j:plain

 

そしてズワイガニ、タラバガニ、毛ガニの試食!

f:id:nakamayuki:20170512224611j:plain

 

店内に入るとウニといくらの試食!

f:id:nakamayuki:20170512224704j:plain

別の店でもウニと鮭の試食!その次にお店では貝とトロ……(省略)

 

試食の嵐!ここは天国ですか。

 

試食を楽しんだ後は私の一番の目的である海鮮丼を食べました!なんと贅沢な。 

f:id:nakamayuki:20170512224803j:plain

 お味の方はご自分の舌でお楽しみください!

 

支笏湖(しこつこ)〉

なんとも大きな湖でした。

f:id:nakamayuki:20170512224912j:plain

 私たちが訪れたときはまさかの雨。

 

でも晴れてたらこんなに美しいんです。こちらを見てください。リベンジだ!

 

支笏湖ではダイビング体験や、アヒルさんボートを乗り回すこともできます。

f:id:nakamayuki:20170512224947j:plain

天気のいい支笏湖日和の日に是非行ってみて下さい!

 

 

 

他にもジンギスカンを食べたり、あの有名な六花亭に行ったりと楽しい北海道旅行になりました。ありがとう家族!

 f:id:nakamayuki:20170512233705j:plain

家族仲良すぎて同じに顔になってしまったのでこの場を借りてご報告させていただきます。

 

 

皆さんもでっかい北海道へいってらっしゃい!

 

ぱられるワールド!

 

なかま ゆき(え)です。

こんにちは。

 

今回は皆さんに嬉しい報告があります。

なんと!なんとなんと!!

 

ブログのタイトルがぱられるワールドに決定しました~!

 

どうでもええやん。って思いました?!

そうです。どうでもいいんです。

そんな皆さんお気持ちを差し置いて、私はぱられるワールドに込められた意味を説明しようと思います。

 

ん~、ぱられる!!

 

・ぱられるワールドとは

パラレルワールド(parallel world)とは、ある世界(時空)から分岐し、それに並行して存在する別の世界(時空)を指す。並行世界並行宇宙並行時空ともいう。「異世界(異界)」、「魔界」、「四次元世界」などとは違い、パラレルワールドは我々の宇宙と同一の次元を持つ。

出典:パラレルワールド - Wikipedia

 f:id:nakamayuki:20170501190234j:plain

らしいです!簡単に言うと、

今私たちが生きている時空間と同時並行する別世界がある。

という考え方ですね。

 

本当かは分かりませんが、今この瞬間にも同時に存在する別世界があるらしいですよ!!

 

・なぜタイトルにしたのか

なぜか頭に浮かんできたんです。

ずっと頭に浮かんで消えなかったんです。

これはパラレル人間の仕業でしょうか。

 

、、、、、、パラレル人間?

 

そしてパラレルワールドの意味を調べて私は思いました。「このブログタイトル(ぱられるワールド)が検索でヒットにかかる日が来るのだろうか、いや来ない」と。

 

 

でもそんな状況の方が私は燃えるんです。

絶対ヒットさせてやる!

様々な文献を追い抜いてブログをヒットさせてやる!

パラレルワールドについて知りたい人たちに私のブログを読ませてやる!

 

 

これでもう決定です。

 

・あなたをぱられるしたい

あとひとつ、このタイトルには私の思いが詰まっています。

 

悩んでいる人、なかなか踏み出せない人、そんな人が勇気を持てるキッカケになりたい。疲れている人、悲しんでいる人が笑顔になれるような存在になりたい。

 

これは私の人生の目標です。

f:id:nakamayuki:20170501190115j:plain 

ぱられるワールド。現実とは決別した別世界。

私のブログを読んで下さっている間くらいは、たくさんの人にぱられるしてほしいんです。少しくらい今の状況を忘れて前向きになれたり、クスっとしてほしい。そして、よし!!って思ってもらえたら私はもう、言葉では、言い表すことが、ああ、できません、ああああ。嬉しいです。

 

あなたがぱられるできるように頑張ってたのしく書いていきたいと思います!

 

私の名前、ぱられる ゆき(え)の方がいいかな、、、

 

 

おわり!おわり!ぱられる!!

未来ある大学生へ

 

 

こんにちは。なかま  ゆき(え)です。

 

 

今日はNPO法人ONEれいほくで大学の授業受け入れをした時のお話をします。

 

 

・ステキな授業と大学1年生

 

ONEれいほくの第二の拠点であるハヤシはうすに大学1年生がたくさん来てくれました。農作業やマップ作り、ハヤシはうすをもっと素敵にするポップ作りをしました。そして最後は学生とONEれいほくスタッフとのお話の時間。私もスタッフ側での参加でしたが、聞いててすごく考えさせられるものがありました。

 

 

お互いに学びあえる場はステキですね~

 

1番ステキなのはこの授業の目的

大学1年生という早い時期から大学の外と関わらせる。そして実際に高知大学を卒業して自分の道を切り開いて頑張っている大人に会わせて人生の選択肢を増やす。

目の前にあるレールに敷かれた人生を選ぶ人が多い中で、たくさんの選択肢を見てほしい。今「安定」といわれている仕事が、変化していく時代の中でこれからも「安定」し続けるのだろうか。

 

少し変わった人生の選択をした大人たちに囲まれながら

そんな話を真剣に聞く大学1年生。と、なかま ゆき(え)。

 

今だから先生の伝えたいことも分かるし、心に突き刺さる言葉だけど、自分が大学1年生のときに聞いていたら「何言ってるの?」って感じだったと思います。

 f:id:nakamayuki:20170501152001j:plain

 

大学に入学してからもう3年の月日が経ちました。

大学1年生の私は、3年後の自分が就活もせずにNPOインターンをして、将来農業に関わっていくようになるなんて想像もしていませんでした。

 

こんなことになったのもたくさんの経験と出会いが私の価値観を変えてくれたから。興味を引き出してくれたから。私の“やってみたい”を応援してくれる人に出会うことができたから。

 

 

・“とりあえず”いろんなことに挑戦してきた大学生活

大学生の私は、何も分からないなりにいろんなことに挑戦してきました。動機なんて覚えていません。“とりあえずやってみるか”という軽い気持ちでバカなこともたくさんしたし、真面目なことにもチャレンジしました。

 

好奇心に身を任せてたくさんの経験を積んできたなかま ゆき(え)。

自分の将来を考えるこの時期になってわかるのは、その経験全てが今の私そのものだということ。

 

だから皆さんにもたくさんのことに挑戦してほしいんです。

理由なんていらない。“とりあえず”いろんなことをしてみて下さい。経験が多ければ多いほど視野を広げることができるし、面白い人間になることができます。本当ですよ。

 

そして、どんなことに挑戦しても絶対どうにかなります

正確に言うと、どうにかすることができます。1人で無理なら誰かに助けてもらえばいい。頑張るあなたを見ている人は必ずいるし、そんなあなたを助けてくれる人も絶対にいます!

 

※1億円の借金をつくってしまった際は助けることができません。なかま ゆき(え)は無力です。あらかじめご了承ください。うふふ

 

 

あなたの今したいことは何ですか?

興味のあることは?

自分の中に閉じ込めているおもしろいアイディアは?

 

 

・大学を利用しよう

先ほど “とりあえず何でもやってみろ” といいましたが、大学に通っているだけでチャンスが巡ってくるわけではありません。悲しい現実ですね。

 

 でも全国の大学生は無条件に

大学という環境、大学生という身分を利用することができます!

 

大学を踏み台にして自分が活躍したいステージによじ登ってください。

大学は手段です。利用するんだーーー!!!

 

私が思う、大学生の強みは

  • 失敗しても社会的リスクが低い
  • 何をするにしてもたくさんの人の注目を集めやすい
  • 応援してくれる人が多い
  • 大学機関(実験室、広報など)を大いに利用することができる
  • 時間がたくさんある
  • 「大学生」という身分を持つことができる(存在を信用してもらいやすい)

 

私の経験から言うと、特に地方で大学生は重宝されます。都会では大学生ならではの役割を見つけるのは難しそうですが、地方だと「大学生にこんなことをやってほしい」と思っている地元の方は案外多いんですよ。

 

大学生、求められてます!

そんな大学生への求人情報は大学や教授に話が回ってきやすいので、日頃から自分のやりたいことをいろんな人に伝えておきましょう。何かチャンスがもらえるかも!

 

さらに、大学関係者には面白い人もたくさんいます。教授や授業を通して面白い人たちと関わるチャンスを掴みましょう。さらに重要なのは、そこからさらなる出会いを自分で開拓していくこと。人とのつながりは一生消えないものです。出会いを大切にしていきましょうね!きっといいことありますよ。

 

 

せっかく頑張って大学生になったんだから、そこまで大学を利用してみましょう。

大学生バンザーーーーイ!

 

 

・最後に

今日書いてみたのは、私の大学3年間でわかったこと。の一部。

 

皆さんもたくさんの大人たちの話を聞いてそろそろ勘付いてきていると思いますが、人生何が起こるか分からないんです!あなたの将来のプランニングは絶対変わるし、そんなの当たり前!

 

そして私は出会いがすべてだと思っています。

たくさんのことにチャレンジして、たくさんの人に出会って、自分だけの人生をおもしろくしましょう。出会いの数だけ何かしらが起こるんです。

 

この記事を読んでくれているあなたも、定年後にはブラジルで第二の人生を謳歌することになっているかもしれませんよ。そうなったら私も連れて行って下さい。うふふふ

 

 

最後の最後に 。

授業の中で「将来の夢は何ですか?」という問いかけを大学1年生のみんなにしてみました。少し決まっている子もいたけど、ほとんどが「分からない」と回答していました。

 

 そんなみんなに私から一言。

分からないのは当たり前だよ!

 

今から見つけていけばいいだけ。”とりあえず”やってみる精神でたくさんの経験をしてみて下さい。あなたの知らない世界っていっっっぱいあるんです!

焦らないで1つずつ楽しくやっていきましょう。楽しくないことは無理してやらなくてもいいです。そうするとだんだん興味もしぼれてきますよ!大学2,3年生の子もまだまだ遅くないです。

 

 

想像もしていない未来があなたを待っている!!

f:id:nakamayuki:20170501151856j:plain

 

未来ある大学生に伝えたいコト、でした。

 

私の夢は農業のパイオニアになること

 

 

 

こんにちは、なかま ゆき(え)です。

 

 

 

いきなりですが、

皆さんにとって農業とは何ですか!?

 f:id:nakamayuki:20170425233544j:plain

 (これはタイの水田で出会ったおじいちゃん)

 

 

私は農学部の学生なのですが、一年ちょっと前までは農作業なんて大っ嫌いでした。理由はしんどいから。

 

でも、幸いなことに私はドM 。

そしてどんな状況でも面白さを見つけるのが得意。

そんな私が農業に魅了されるようになったのは必然的だったのかもしれません...

 

今日は皆さんの農業へ抱くイメージを変えるべく(自信ある)、そして新しい農業のカタチを提案するためにこの記事を書いていきたいと思います。

 

 

・農業って泥臭くて超かっこいい

 みなさんは農業における3Kをご存知ですか?

 

それでは皆さんご一緒に!

きつい・きたない・くさい

 

これ有名なんですよ。覚えましょう。

 

さらに農業というと、地味な職業というイメージが強いかと思います。きっと多くの人の就職の選択肢にすらない。でもこれは本当のこと。確かにしんどい作業も多いし、汚れることも当たり前。たくさんの魅力的な職業がある中、農業のような一次産業に注目する人が少ないのも仕方ないことだと思います。

 

 

え、今なにか言いました? 

一生農業に関わることはないって?ぶはははは

そんなこと不可能です。

 

自分の生活の源をたどってみてください。

必ず農業にたどり着きます。

 

肉や魚しか食べてない。という最高の言い訳を思いついたそこのあなた!!牛や魚のエサは農業がないと作ることができないんですよ。ぶはははは

 

ということで、農業は必要不可欠な産業なんですね~

 

農家さん達は世界を支えているといっても過言ではありません。毎日真剣に自然に向き合って食料を生産してくれている人たちがいるからこそ、あなたはおいしいものを食べることができるんです。農業が世界を回してるんですよ。

 

農業って超かっこいいい!!

 

でもそんな農業の魅力をわかってくれる人は実際少ない。

こんなに泥臭くて超かっこいいのに、、。

 

 

・私が見つけた農業のミリョク

私は現在、学生団体に所属しています。その団体では中山間地域耕作放棄を開墾して日本一のシャクヤク園を目指す取り組み、地キビ焼酎〈八畝〉の原料になるキビの生産を主に行っています。

 

がっつり農業! 

f:id:nakamayuki:20170427215818j:plain

 

先ほども言ったように、昔は農業なんて大嫌いでした。でも私はドM の中のドM なのできつい作業がたまらなく好き。(引かないで♡)

 

 

そんな私はガツガツと無心で農作業をこなすようになりました。

そして気づけば農業に魅せられていました。 

 

大好きな自然の中で思う存分暴れることができる

がむしゃらに一つのことに取り組むことができる

運動になるし体力も付く

仲間と協力して楽しい時間を過ごすことができる

きらめく汗は青春の1ページ

裸足で歩き回ることが許される

 

これですよ。私を虜にした農業のミリョク

 

 

この楽しさ、充実感、青い春をたくさんの人に知ってほしい。そして、楽しくアクティビティな農業を提供したい。

 

どうしたらいいの~~(悩)

 

私ずっと考えてました。

そんな迷える私にチャンスが巡ってきたのです!!

 

思えば叶うのですね、謝謝。

 

 

 

 

・農業はスポーツだ!

先ほど私の思う農業のミリョクを長々とお伝えしましたが、いちばん伝えたいことは農業はスポーツだ!!ということ。

f:id:nakamayuki:20170427220155j:plain

皆さん、先ほどのミリョクリストからスポーツと共通する項目を探してみてください。全部じゃないですか??(独断)

 

自然の中で思う存分体を動かすことができる。しかも最高の仲間と青春の1ページを描きながら!!この泥臭くキラキラしたスポーツになんと名付けたらいいのでしょう、、。まぶしい、、。

 

 

こんな風に農業はスポーツ感覚で楽しむことができるんです。こんな発想今までにありましたか?農業界に台風が到来ですね。

 

 

これまで綴ってきた私の思いを読んで農業って思ってたより楽しそうだな。やってみたいな。と思ってくれたあなた。そして裸足で自然の中を走り回りたくなってきたあなた!!(今の私です)

 

 

そんな皆さんの欲求を満たすプロジェクトを紹介! 

今回、私がインターンシップをしているNPO法人ONEれいほくの活動のひとつとしてお米をつくることになりました。これは私が初めて企画させてもらうプロジェクトでもあります。常日頃から“たくさんの人に楽しくアクティビティな農業を提供したい”と考えている私。ついに、ONEれいほくという場をお借りして夢を叶えるときがきました!!

 

(うずうずしてるあなたに少しネタばらし)

 

お米作りの全作業工程を

たのしく!アクティビティに!スポーツ形式で!

提供しようと企んでいます。にやにや

 

f:id:nakamayuki:20170425230411j:plain

 

これ以上は言えません。ぶはははは

プロジェクトのリリースまで楽しみに待ってもらえたら嬉しいです!

そして参加してくれるともっと嬉しいです!

 

一人でも多くの人が農業に魅力を感じてくれますように。

 

そのためには私が農業のパイオニアになるしかないんです。たくさんの人に農業の楽しさを知ってもらいたいと願う私の夢は農業のパイオニアになること。これで決定ですね。いえい!

 

 

イオニアの意味わかりますか?ぶはははは

 

 

 

LET'S ACTIVE パイオニア

人生楽しんだもん勝ちですね~

f:id:nakamayuki:20170427220416j:plain

 

 

*パイオニア:最先端、先駆者