起きたらすぐゆき

どうでもいいことばかり書いてます。たまに誰かの「やりたい」を叶えます。読んだ後にふぇ~~ってして下さい。

【レポート】NPO法人ONEれいほくのインターン生になって2ヵ月が経ちました。

 

   

こんにちは。なかま ゆき(え)です。

 

早いもので、NPO法人ONEれいほくのインターン生を始めてからもう2か月が経ちました。早すぎて記憶ないです。

 

今回も新たな学びをつらつら綴ります。

 

 

 

 

・初!プロジェクトの企画と運営

6月3日~4日に「だいちハウスcamp~お米、こんにゃく、それから私~」というイベントを開催しました。

 

このイベントは【こんにゃく畑復活プロジェクト】【農業はスポーツだ!プロジェクト88~お米をつくろう~】という2つのプロジェクトを同時に行ったもの。これから先は各それぞれで進めていきます。私たちと一緒に楽しく農業してみませんか?

 f:id:nakamayuki:20170614083907j:plain

コンニャク畑の開墾

 

f:id:nakamayuki:20170614084214j:plain

田んぼでどろんこ綱引き

 

プロジェクトの企画は何もわからない状態からのスタートでたくさんの人に助けてもらいました。「農=自然」と向き合ったイベントは、やっぱり簡単ではありません。思い通りにいかないことや大変な準備作業もたくさんありました。大変だからこそやりたいんですけどね~!

 

実際に開催してみての反省点はたくさんありましたが、農を通してたくさんの方の笑顔が見れたこと、地域の方に喜んでもらえたこと、みんなで力を合わせて本当に水田が出来上がってしまったことに感動しました。

 

 

感動は次へ進むための一番の原動力になりますよね。もっとたくさんの人に新しい“農”をプレゼンしていきたいです。

 

その一方で、農業の楽しい側面だけではなく、厳しさも伝えていく必要があると強く感じました。

農業には自然を相手にした仕事だからこその厳しさがあります。私たちが農をイベント化してツールとして扱っているのを毛嫌いする農家さんもやっぱりいるわけです。

 

でもそれはその人が真剣にナリワイとしての農をしているから仕方ないことだと思う反面、お互いに理解を深めていくことは重要だと思いました。この壁をクリア出来たら、もっと広くて深い新しい世界が広がると思うのです。

 

「農業をどう捉えて、どう向き合うか」

もう一度自分自身に問いかける良い機会になりました。私なりの答えを探していきたいと思います。

 

 

 

・ONEれいほくの中での私

ONEれいほくにいると新しい出会いも、面白いアイディアもたくさん手に入れることができます。その場にいれば私もその恩恵を受けることができるし、安心するし、この状況におかれている自分に満足してしまいがち。

 

でも、ONEれいほくと私を切り離した時に残るのは私自身でしかない。と考えたときに、もっと自分の足で進んでいかなきゃ(当たり前ですが)と強く思うわけです。

 f:id:nakamayuki:20170614085701j:plain

ぶんたとゆかこをよろしくお願いしますの会

 

事務局メンバーもみんな自分で自分の道を切り開いてきて今がある。私もそうなりたいからインターンに来ているわけで、周りの人に恵まれている今のうちに自分のためにできることはたくさんあるなと感じています。これがインターンの本当の目的なのかもしれないですね。

 

「ONEれいほくでインターン生をしている」という状況だけに満足してしまっていたこの2ヶ月間。今のままじゃダメだって早めに気づいてよかったです。もっと自分の将来の為の準備をしていかないと。そんなときに一番頼りにできるのはやっぱりONEれいほくの事務局メンバーですね。

 

立ち上げ人で経験豊富な矢野大地さん

アイディアマンで斬新な林利生太さん

縁の下の力持ちでお金や事務処理に強い里本裕規さん

 

事務局メンバー以外にも私の周りには様々なスペックを持った方がたくさんいます。なんでも聞きたい放題じゃないですか……たくさん教えてもらおう!

 

 

 

・自分で仕事を作り出す

ONEれいほくの拠点に人が集まると、みんなで笑いあいながら「もっとこういうことしたら面白そうじゃない?」と言いあってる姿ばっかり見ます。でもそれが仕事を作り出している過程。

 

何気ないたくさんのアイディアを仕事にできるのがONEれいほくの強みなのかなと改めて思い知らされました。

 f:id:nakamayuki:20170614085952j:plain

碁石茶親衛隊歓迎会

 

 

「好きを仕事に」は確かに簡単ではないかもしれません。でも、物事のとらえ方を変えて、自分の“好き”や“楽しい”の中にお金が生まれる仕組みを作っていけばいいだけなんですね。考えたら当たり前のことですが、それがなかなかできない人は多いはず。

 

でも私の周りにはそれを成し遂げている人がたくさんいます。

起業家やフリーランスやブロガーなど、多種多様な職業の方にお会いできるのが本当に楽しいです。私の知らない世界をどんどん広げていってくれます。 

これからもONEれいほくで生まれるたくさんのお仕事を見るのが楽しみ!

 

 

 

 

インターン2ヵ月目を漢字一文字で表すと【泥 どろ】

皆さんもご存知、田んぼでどろんこスポーツ大会が超絶たのしかったので“泥”

そして右も左も分からないままでプロジェクトの企画・運営をした経験はまるで目の前すら見えない“泥”の中を這いずり回っているかのようでした。

でも「百聞は一見に如かず」ですね。とりあえずやってみるのはやっぱり手っ取り早いなと思いました。

私は泥んこまみれになるのが好きなので“泥”まみれの2ヵ月目も楽しくて刺激的でした~!

 

 

 

【追伸】

ある日、事務局メンバー3人と私の4人で集まったとき、高校時代の部活仲間と集まったときに感じていた感情と似たようなものを感じました。

 

それは安心感だったり、尊敬だったり、信頼だったりするものがごちゃ混ぜになったような感情。思わずニヤけてしまうような。大学になってなかなか感じることがないものだったので自分でも驚きました。

 

私にとってONEれいほくや事務局メンバーが日に日に大きな存在になっている証拠です。

 

やっぱりここでは、すごく素直になれているんだな~

いつも受け入れてくれる人たちに感謝です。

改めて、いつもありがとうございます。

 

 

名嘉眞 由記(え)でした!