起きたらすぐゆき

なかま ゆき(え)Officialブログ

納豆ペヤングとわたしの夏物語

 

ミーン、ミーン...

さわやかなそよ風に吹かれながら蝉の声を聞いていた

 

 

そして、少し恥ずかしそうにうつむく私。

 

 

 

その視線の先には

 

 f:id:nakamayuki:20170804062534j:plain

 

 

 

 

 

~納豆ペヤングとわたしの夏物語~

 

 f:id:nakamayuki:20170804062509j:plain

 

 

 

✔納豆ペヤングとの出会い

 

私はいつも通り、うなりながら卒業研究に取り組んでいた。

実験の毎日に疲れ切った私。

 

 

そんな疲れ切った私の目にも、輝いて写るのもがあった。

 

それは

 

先輩の机に置かれている

 

 f:id:nakamayuki:20170804062712j:plain

 

 

納豆ペヤング

 

 

初めて見たときのあのトキメキは今でも忘れられない。

 

かれこれ何か月も前から、先輩の机の上にはペヤングが置かれていた。

 

 

 

✔勇気を振り絞って

 

ついに、納豆ペヤングのことが気になりすぎて何も手につかなくなった。

 

恋は盲目だね

 

 

そして私は勇気をだして先輩に話しかけた。

 

ゆき(え)「あ、あの...!先輩、その納豆ペヤングって...どこで買ったんですか...!?」

 

私は赤らめる顔を隠すことが出来なかった。

つ、ついに、こくはk...

 

 

 

すると先輩はこういった。

 

先輩「これ、同期からもらたんよ。なんでこんなものプレゼントされたのかわからへんくて、なんでやねんって突っ込んどいたわ!」

 

 

(ふーん)

どうでもよかった。

 

 

しかし、私の思いは納豆ペヤングに一直線。目を離すことが出来なかった。

 

「それ、めっちゃおいしそうと思ってて…ずっと見てたんです...」

思わず口から溢れた言葉たち。

 

 

恋は盲目ですね(アゲイン)

 

 

 

すると先輩は笑顔でこう言った。

「え、ほんなら、これあげよか?」

 

 

(え、えええええ、え、え!??く、く、くれるの!?)

(やばい高鳴る胸が抑えきれない...告白、せ、せい...パタリ)

 

 

 

「ええええええええ!?ホンマですか!?いいんですか!?やったーーーーー!!!」

 

 f:id:nakamayuki:20170804062634j:plain

 そして私は嬉しさのあまり、納豆ペヤングと2人で写真を撮った。

 

 

 

嬉しくて嬉しくて、私は納豆ペヤングをすぐさま研究室の外に連れ出した。

  

キラキラな太陽が照りつける中、私は納豆ペヤングと手をつないだ。

 

デートだってした。

 

f:id:nakamayuki:20170804062555j:plain

 

 

 

 

ああ、これが甘酸っぱい夏ってやつか…

 

 

 

 

✔お別れの時

 

そんな納豆ペヤングともお別れのときが来てしまった。

 

お別れというよりは”一心同体になる”と言った方が正しいのかもしれない。

 

2人が重りあって1つになれることは嬉しい。

でも、もう納豆ペヤングと見つめあったり、笑いあったりできなくなっちゃうのか...

 

 

そんなこと考えてたら、目から納豆が溢れそうになった。

 

なんて運命は残酷なんだ。

 

 

でもそんな私に納豆ペヤングは言った。

 

納豆ぺ「ゆき(え)、おらも幸せだったよ。泣かないでけろ。」

 

 f:id:nakamayuki:20170804062616j:plain

 

「うん、泣かない!!!!」

 

私はあふれる納豆をこらえて、笑顔でお別れすることにした。

 

 

 

 

 

✔ついに...

 

私は、震える手を抑えながら納豆ペヤングの包装をはがした。

 

く、くうくく、、、えい!!

f:id:nakamayuki:20170804062732j:plain

 

納豆ペヤングは、私の知らない納豆ペヤングになってしまった。

 

 

そして、指示通りかやくを入れ、

 f:id:nakamayuki:20170804062757j:plain

 

 

お湯を注いだ。

 f:id:nakamayuki:20170804062817j:plain

 

 

ー3分待機ー

f:id:nakamayuki:20170804062844j:plain 

 

 

その後お湯を捨て

f:id:nakamayuki:20170804062908j:plain

 

 

いかにも納豆だろ。という感じのかやくを投入。

f:id:nakamayuki:20170804062955j:plain

 

 

ふりふり

f:id:nakamayuki:20170804072936j:plain

 

 

たららららあ~

f:id:nakamayuki:20170804073006j:plain

 

ふぁっ!!!!!

f:id:nakamayuki:20170804073524j:plain

 

 

 

ここで、皆さんも気になる納豆だけをつまんでみました

 f:id:nakamayuki:20170804072526j:plain

 

おおおおお!ちゃんと粘ついている!!!

f:id:nakamayuki:20170804072550j:plain

 

 

 

 

✔いざ、実食!!!

 

 f:id:nakamayuki:20170804072654j:plain

焼きそば全体がねばねばしているわけではありません。 

 

 

 

肝心の味は......

 

 

 

おいしいです!

 

ほのかに納豆の味と香りがして、焼きそばといい感じにマッチングしています。

 

頑張って想像して下さい(笑)

 

感動的なおいしさとまでは言えませんが、カップ麺でこの納豆感を再現できている事には感動しました。

 

納豆好きなら一度は試してみるべきですね。

 

納豆嫌いな人でも食べることが出来ると思います。

 

 

いや、でもこれはハマる。納豆焼きそばいいなぁ。

またどこかで納豆ペヤングに出会えたら絶対買いますね。

 

 

 

 

こうして、私の甘酸っぱい夏は終わりを告げた。

ありがとう、納豆ペヤング!!!!

 

 

 

納豆ペヤングのお買い求めはこちらから▽ 

 

 

ついでに私の大好きなうまい棒の納豆味もどうぞ。 

これはマジでおいしい。ちゃんとねばねばしてます。

 

 

 

 

 

以上、なかま ゆき(え)でした!